--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/13.Thu

東麻布『薮原十区』の牡蠣フライはナイスフライでした♪

1.13(木) 晴れ

今日はね、やっと東麻布の『薮原十区』さまに行ってきました。

住宅街なので、お店を探すのにかなり迷っちゃいましたけど、
看板がないのは知ってましたから、店の前までたどりつけば、
「きっと、ここね?」って気づきました。

麻布十番駅からは迷わず行けば、5分くらいかな。
今は隣のビルが工事中なので、それが目印ですね~。
P1000283.jpg

ファサードはモダンなガラス張りで、和食のお店っぽくはありません。
店内はカウンターに8席ほど、4人がけのテーブル席が4つほどで、
かなり広々とした作りになってます。麻布っぽい洒落た雰囲気。

13時半がラストオーダーなんだけど、ギリギリということもあり、
他にはカウンターに初老の男性が一人だけでした。

少しあいだを空けて、私もカウンターにお邪魔しましたの。

さて、優しそうな大将が口頭でメニューを案内してくれます。
1000円のメニューが「アジの開き」、1500円が「鮭」と「鰆」と
「牡蠣のフライ」、1800円の1品は忘れちゃいました。

うーん、事前に焼き魚がすごく美味しいと聞いていたので、
お魚のつもりだったけど、この中なら「牡蠣」かな~。

カウンターもかなり広々していて、バッチリお仕事も拝見でいますよ。
そして、楽しみにしていたところにやってきたのがコチラです。
P1000285.jpg

わ、わ、ステキです!こ、こ、こんな牡蠣のフライは初めて!
とにかく牡蠣の身が大きい、そして、衣がとっても少ないの!

タレとお塩を用意してくれて、レモンはお塩のお皿に絞るように
教えてくれました。こういう説明とかがとっても丁寧です。

最後に大きな器にたっぷりと入った豚汁が到着して、
全部そろうと、こんなに充実した内容です。
P1000284.jpg

うーん、牡蠣フライがとってもとっても美味しすぎます。
身が締まっていて、プリプリなんです。

ペコね、フライは好きなんだけど、、とんかつでもエビフライでも、
身の小ささをごまかすかのように衣が多すぎるところってあるでしょ。
あれがどうしても苦手で、、普段はあまり積極的に頼まないんです。

こちらの牡蠣フライは、牡蠣の旨みを閉じ込めるための
必要最小限の衣をまとった上品で理想的な、ぺこ史上最高作でした。

小鉢には、染み豆腐、などがあって、どれもとっても美味しかったです。
大根のお漬物なんかはね、柚子の風味が豊かでステキでした。

店主さんのほかに、女性が二人いらしたんですけどね、
仲が良さそうで、笑顔がステキなお二人。

ごはんのお代わりをお願いしたら、「これくらいでよいですか?」って
お代わりなのにてんこ盛りにしてくれたの!なかなかできる~(笑)

ぺこの食欲は、さすがの大将にも笑われちゃいました。
「そんなに細いのに、よく召し上がるんですね」って。

大将はすごく気さくで、いろんな話をしてくれましたよ。

ちなみに、ごはんの炊き加減も完璧で、一度炊いてからお櫃に入れて
一番美味しい状態に温度調節するこだわりようです。

とっても大満足です。しかも、こちらは土曜日もランチをやっているの!
ただね、「土曜はかなり混雑しますので、事前にお電話を下さい」って。

絶対に絶対に、また来ますからね!

人気ブログランキングへ食べログ グルメブログランキング
↑          ↑
どうか、ペコの食欲を応援してくださいませ!ペコリ。
スポンサーサイト
L麻布・赤羽橋☆☆☆ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
牡蠣やばい~


2月には広島にカキ祭り行くほど大好きなのだ~ 写真だけでジューシーさが伝わる、そんな夢みたいな食材…
Re: タイトルなし
牡蠣やばいよね~夢見たいな食材だよね~私も広島行っちゃうかも~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。