--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/28.Mon

八丁堀『翠江堂』の苺大福は笑っちゃうほど美味!

2.28(月) 雨→みぞれ

さ、さ、さむいですね。。そう簡単には春にならないのですね。。
今日は、雨というか、みぞれみたいになってましたけど。。

さて、今週も仕事がパツパツで、、15時過ぎまでなにも食べられず。。
16時にはディズニー方面のクライアント先までいかなければならず。。

この時間だと、ランチとかやっているお店は限られているし、、
この気分だと、駅前のチェーン店に入っても満たされないし。。

むしゃくしゃしてきて、こうなったら和菓子でもむしゃくしゃしてやる!

ということで、初めて『御菓子司 翠江堂 本店』さまを訪問しました(笑)
JR京葉線「八丁堀」駅の出口からは3~4分でしょうか。
※長めの地下通路があり、改札からはけっこう遠いかも。
P1000452.jpg

店頭には「TBSはなまるマーケットおめざランキング第2位!」と、
「とちおとめ入荷しました!」のポップが飛び込んできます。

そうです。こちらは二代目が開発したという「苺大福」で有名なお店です。

そして、どうしても来たかったわけは、食材のこだわりがすごいの!

保存料や添加物は一切使わずに、その日作ったものだけ売るのはもちろん、
苺はその季節に一番美味しいものを、おもちは新潟産のもち米を
そしてそして、もちろん、小豆は「十勝産」なんです!

どら焼きも置いているという情報がありましたが、今日はなかったので
「苺大福」&「道明寺」の組み合わせにしてみました。

2つだけの購入なのに嫌な顔ひとつせず、こんなお箱に入れてくれました。
P1000451.jpg

江戸っ子っぽい、感じの良い気さくなお姉さんでしたよ。

さて、さて、さて、むしゃくしゃを解消するには、
少しでも早くむしゃくしゃするしかないみたいね!
P1000450.jpg

苺大福をひとくち噛むと、、わ、わ、すごい、苺の甘みが!!!
ジュワ~てきました。。ていうか、完全に噛む力が強過ぎました。

実が大きく、甘みが強く、果汁たっぷりなとちおとめの圧倒的存在感!

おもちは予想以上に薄くやわらかくて、とろけるという感覚でしょうか。
こしあんもとってもまろやかで、あくまでも苺を引き立てている感じ。

絶妙なハーモニーで主役の苺姫が歌い踊るミュージカルのようです!

そのへんのスーパーで売ってる苺大福とはわけが違って、
あまりのクオリティーの違いに思わず笑っちゃいます(笑)

噛んだ断面図を公開!みたいな野暮なことはしませんからね~
(けっこう本気でやろうかと悩みましたけどー!)

ちなみに、苺大福の元祖といえば、曙橋が本店で支店も多い
『大角玉屋』さまですが、完全に上回っちゃってるかも。。

道明寺も美味しかったけど、苺大福を2つ以上買うことをおススメします!

もうね、むしゃくしゃする間もなく、口の中でとろけていきますから~

人気ブログランキングへ食べログ グルメブログランキング
↑          ↑
どうか、ペコの食欲を応援してくださいませ!ペコリ。
スポンサーサイト
CS日本橋・人形町☆☆☆ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。